最後の夏。残された時間が僕らにはあるから・・・


by ponpon-orange
カレンダー

<   2004年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

今日は大晦日。今年も残すところ、あと数時間になった。
簡単に私自身の一年を振り返ってみたいと思う。一応日記兼、生きた証を残す場所なので☆

*1月*
成人式。正月明けに一度東京に戻ってきたものの、やはり高校の同窓会に出ないのは一生後悔すると思い、再び広島へ帰省。高校ハタチ同窓会は、お嬢様ばかりのセレブパーティーで、改めてうちの母校がお嬢系であることを実感。アーメン。
帰りの満員新幹線で、強烈なインフルエンザウィルスをもらい、高熱ダウン。地面を這って病院に行き、特効薬が効き、無事生還。

*2月*
単位取得に励む。バレンタインで、色んなところでチョコやケーキを食べる。もはやイベント。女の子にとっては楽しいものだ。自分へのご褒美のためにデパートに出かけるのがこの時期の楽しみ♪

*3月*
女3人、韓国ソウルの旅。韓流ブームに先駆けて行ったが、別にぺ様目的ではなかったので、普通にソウル市内の観光地めぐり。足つぼマッサージで極楽☆隣の友人がうめき声をあげる中、私は健康体のため、健やかな眠りを味わう。免税店でここぞとばかりバイト代を散財。美味しい料理にもうっとり。色々刺激の多い旅だった。

*4月*
3年生進級。新しい環境、新しい仲間に戸惑いつつも、希望に満ち溢れる。

*5月*
歯列矯正を始める。矯正2日目に湘南に行き、刺身定食を食べるも、歯が痛くて辛い思いをする。それでもその後、サザエを無理やり食べる。そして後悔する。

*6月*
何をしたか忘れた。(爆)ひたすら日々の業務に追われていたんだろな、色々。

*7月*
直太朗と初めて出会う。渋谷公会堂セミファイナル公演、前から6列目中央。母と大興奮。

*8月*
鬼のゼミ合宿。長野の観光地に行ったことさえ感じる余裕ない3日間。極度の睡眠不足で意識が朦朧とし、夕食時に先生にぼけ~っとした様を突っ込まれる。それなりに写真上では青春デイズ。

*9月*
夏学期のゼミでの様々な勉強を通して、投資に興味を持つ。本格的に様々な金融のテキストや雑誌を読んで勉強し始める。新たな世界への背伸び。そして、外為証拠金取引を開始。素人ながらも、少しずつ世界経済、日本経済が分かってくる。面白い。
地道に資金元となるバイトもコツコツ頑張る。ゼミ課題のグループワークもコツコツ。

*10月*
怒涛の日々の幕開け。何か忙しい時ほど新しいことを始めたいもので、元々何かの形で自己表現したかった想いを、流行りの“ブログ”を通して実現。ゼミゼミ言ってすみませんでした(苦笑)

*11月*
就活も次第に本格化し、精神的に焦る。ゼミも一山越したものの、大きな行事を控え、日々奔走。誕生日もいつの間にか去ってゆく。しかし、そんな日々の中にも、大切な家族や彼、そして友人らの優しさに感謝すること多く、自分ももっと色んな器を大きくした魅力的な人間になろうと思う日々。

*12月*
まさに師走。いつの間にかもう大晦日。(滝汗)それなりに追われながらもささやかな息抜きや幸せをかみ締めて生活。無事に今年一年を終えることができ、くさいせりふではあるけれども、神様に感謝。


来年は前半、就職活動という大きな人生の岐路にたつけど、それは自分でどうにかできるもの。それよりも、私が最近常々思うこと。

―――明日自分や大切なひとが交通事故や災難、病気で消えてしまう可能性がゼロでない以上、一日一日の想い出や笑顔、キオクを大切にして感謝して生きていきたい――――

そうやっていつ終わるか分からない人生、一瞬一瞬を輝かせながら過ごしていけたら、きっと悩んでいることも気がついたらどうにかなっていると思う。これまでもそうだったし。

来年も皆様、こんな個性強い私ですが、どうぞ末永く仲良くしてやってください☆m(_)m
全国大雪の年越し、お正月。体には気をつけて良いお年を…(^ー^)♪
[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-31 22:04 | 今日の出来事
連日こたつ生活。いも虫と言われようが(誰も言ってないし=3)私はこたつで生きていくよ、この実家では…(居直り)
*************************

さてさて、新聞のテレビ欄を見ていて思うこと。

今年の年末年始、例年に比べてやけに「再放送」が多いと思うのは私だけだろうか。
例年、エビジョンイル様率いるN○Kでは大河ドラマや朝の連続テレビ小説など再放送をすることは分かっていたのだが、今年はアノ韓流ブームを巻き起こした、“冬のソ○タ”の総集編、そして「マイメモリーなんとか」と称してオリジナル舞台裏作品集なども放送した。
さらに民放も負けてはいない。同じく大ヒットし、ブームを作った“セカ○ュー”。この年末の数日間、昼間の時間帯の大枠を使ってドラマ版を一挙まとめて放送。さらに、同時間帯、激しくライバル心を燃やしているかのようにぴったりとマークし視聴率妨害しようとしているのが、「きっかけは~○○テレビ~っ!」である。人気歴代ドラマの中でも根強い支持を持つ刑事ドラマ“踊るラストクリスマス”、じゃなかった、”大捜○線”だ。一話完結型なので、毎日7話くらい放送し続ける。テレビ欄が、もはや長い帯でいっぱいだ。

世の中で広く親しまれ、人気モノとして有名になった作品をもう一度お茶の間に提供することはとてもすばらしいし、ありがたい。当時見ていなかった人やゆっくり見れなかった人、もう一度感動したり楽しみたい人―――たぶん、あらゆるニーズを満たす意味で、放送価値はあると思われる。また、よく行われることだが、新作映画の一般公開やビデオ・DVDの発売に伴い、そのプロモーションを連動させ、相乗効果を得るために再放送が使われることも多い。今回のセ○チューも、先日23日に映画版のDVDが発売された。「踊る~」に関しては、新春にテレビ初登場として、映画版Ⅱを放送するため、その視聴率獲得を狙う目的だと考えられる。

確かに私自身、織○裕二の方ははまって見ている、こたつにいるとつい…。(苦笑)それなりに昔のやつで懐かしいし面白いし、気がつくとずっと見ている程のめり込んでたりもする。見事にテレビ局の策略にひっかかってるものである。しかし、思う―――このような放送ばかり溢れているテレビって面白いか?地上波デジタル時代・インターネット全盛時代を迎え、コンテンツ事業の活性化と推進を叫ぶテレビ局にとって、それでも「視聴率」はやはり麻薬のように魅力的なものでやみつきになるものなのだろうか。再放送をドバっと固めて流すのが悪いのではない。少しでも視聴者にとって魅力的なものを提供したいのであれば、ノーカットなままダラダラと繰り返し放送するのではなく、うまく話ごとのつなぎを編集したり、オリジナル映像を入れるとか、ちょっと工夫を加えてほしい。見ていて、どこか“手抜き感覚”な印象を抱いてしまう。

楽して美味しいものを得たい。そこに群がる人が多いならそれでいいではないか。たぶん現実はそうまかり通るし、そんなやり方も一つだと思う。私という一視聴者も、結局楽しんで見ているんだし。
しかし、これはテレビの番組・コンテンツに限ったことではなく、あらゆるメディア、さらに広げて言えば企業(ブランドパワーとか製品とか)やサービス事業にも当てはめて言うことができるだろう。“こだわったモノづくり”、そこに息づく精神―――常に、提供する相手の興味を掴んで離さない、魅力的なコンテンツの創作意欲。既存の状態をさらによくするために怠らない鋭い向上心。


完璧にそれらをこなし、実現していくことの難しさ。私自身がこれまでに経験した壁は、そういう難しさを打ち砕く熱意と、妥協しない行動力が足りなかったからこそ乗り越えられなかったのだろう。


織○裕二が叫ぶ。現場から熱い声を上げる。
その姿をぼんやりと眺めながら、何かふつふつと、昔感じていた魂を心の奥から感じた。
もう一度、今度こそ。今が人生。まだ先は長い。
[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-30 23:59

〔12/29〕 こたつ娘。

…実家は寒い。
元の祖父母宅に住んでいるのだが、木造のただっ広い日本的な家の作りのため、廊下とかひんやりと静まり返ってて、一歩も部屋から出る気がしない。(おい)

東京のマンションは密閉されてるからあったかいため、こたつなどいらない。だから、実家のこたつは私にとって不可欠、そして楽園だ☆
今日は最低限、ちょっとした家事手伝いや諸用事で席をたつ他はほとんどこたつから出なかった。。。。(爆)まさにこたつを背負って生きる、いも虫状態。私の大好きなちびまる子もこんな感じだからいっか♪(呆)

というわけで、ずっとこたつに入って、時折みかんをパクつきながらテレビや新聞、ネットに向かっていました。やらなきゃいけないことも結構あるから少しずつ始めてみたり。

そういえば東京では初雪が降ったみたいだね!いいなぁ~羨ましい(><)こちらはすんごく寒いものの、雪は降らず、中途半端に寒さだけなので嫌だぁ~。

寒い寒い、明日もこたつの上で勉強してるのかしら。嗚呼でもいつのまにかいも虫だし、はかどらなさそうだな~m(__)m(笑)
[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-29 23:59 | 今日の出来事
題名はふざけてるので読み飛ばしてm(__)mそして鼻で笑って=3
**********************

暖かい穏やかな午後…お洒落なカフェ2件はしご。
美味しいコーヒーを味わいながら、H大医学部に通う友人と4ヶ月ぶりの談笑。
そして午後途中から、東京から飛行機で帰広し直接参加した(笑)友人も加わってスタバでまったり。お決まりのプリを撮った後、夜はムードある照明のダイニングバーでちょっと大人な空間へ。

定期的に会ってはいるものの、やはりそれぞれ違う環境、キャンパスライフ。みんな色んな経験や思いをしていて、なかなか深いお話。思えば1年のころなんて、同じ恋バナにしても、もっとキャピキャピ、しかも盛り上がってくると女同士ということもあって、まぁなんというか、ぶっちゃけトークもあり(…火付け役はあの子たち、でもノリノリでどんどん話を掘り下げていく私もすんません 笑)、今から比べるといかに若いというか、勢いがあるというか…。たぶん女子校で閉鎖的な環境の中たいした楽しみもなかった中高時代を巣立ち、新しい場所で新しい人たちと出会って、色んなことに触れていって……。きっと何もかもが新鮮で仕方なかったんだろな。

今回はさすが21歳。それぞれ進路は違うけれども、尽きない悩みや迷いは似ているもの。
人間関係とか恋とか将来とか…たっぷり色々話せてとても有意義でした。すっかりリアルぶっちゃけ話がなくなって残念だという声がどこかから聞こえてきそうですが(ってお前だろ実は。あ、うん)、真剣な話や真面目な会話も、私たちが成長してそれなりに大人になってきている証拠だなぁと思い、それはそれですごく充実した一日でした☆

何歳になってもお互いをどこかで支えていられる関係―――結婚式からお葬式まで行くからね☆(^ー^)(ちょっと気が早いし、縁起でもないからいやだけど)

この友人たちとも、この一年の間に色々あったけれども、お互い自分にはない良さや羨ましさも、全部受け止めて素直に語り合っていける関係をこれからも築いていきたい。

*写真は広島市内の様子。並木通りと言って、プチ表参道みたいなお洒落な若者の通り☆
b0041672_2223131.jpg

[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-28 23:59 | 今日の出来事

〔12/27〕 安芸娘。

東海道、延々4時間西へ西へと下って帰ってきました、我が故郷広島へ☆
新幹線は長時間いると空気が多少悪い(というか、あったかすぎて眠くなる)ものの、富士山や熱海の海、浜名湖、そして各都市の駅前付近の様子が見られるので、楽しい楽しい♪飛行機の方がはるかに時間は早いけど、山に位置してる空港のせいで交通の便が悪いし、飛行機なんてあんな鉄の塊が空を浮かんでると思うと気分が悪いのでいやです、はい。地上を這っているほうが安全なのさ。(地震が起きたらアーメン☆)

新幹線の長旅は楽しいとか言いつつ、いつも一人だと富士山見て満足した後はなんか心地よい睡眠タイムに入り、気がつくと大阪とかだったりするんですが(^^:)
今日は、隣に途中まで帰路が一緒な相棒がいましたので、マシンガントークしている間に岡山まで着いてしまいました☆岡山過ぎればもう安芸の国はすぐそこ―――。

広島駅に着いていつも思うこと。
在来線の電車内で耳に入ってくる、乗客の会話。
「ほいじゃけ~、○○なんよ~。」
「~しときんさいやぁ、そりゃやばいじゃろ。」
…女子高生、かわいいギャルなのに方言全快です、すごいです。(そりゃ当たり前か)
私も3年前まで同じように通っとったもんね、そうかそうか、私も歳をとったなぁ。。。(しみじみ)

これから12日間、往復割引フルに使って実家に居座ります!明日は高校友人らとの忘年会。さぁさ、みんなどんな話が飛び出すんでしょ♪
[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-27 23:59 | 今日の出来事
あなたはどこにいるんだろう…

きっと実家に着いて、姉妹(=母子)談義に花を咲かせていることでしょう。
今日は着々と帰省準備。(現在進行形)
安芸娘期間中も、この『オレンジの背伸び』は更新します!もちろん愛用のデジ亀君も連れてゆくので、実家の様子や市内に遊びに行った時とか実況しようかと思います☆

この帰省中、きっとこたつに入る毎日ですが、果たして効率の良い生活が送れるかどうか…(遠い目)レポート2つアリ、卒論アリ(うちのゼミ早いので…泣)、その他もろもろアリ…。。。
もちろん遊びも親孝行もせねば、なのでいつになく充実した休みにしないと!(奮起)

…どうせいつも通り堕落した生活になるんだろうな。。。(諦め早っ)

パソコン、そろそろ荷造りしたバッグの中に入れるので、皆さんまた明日以降ね~☆
ではでは明日は東海道の旅4時間、流れ行く風景とともに西へ西へと参ります。東京さらば、また来年に☆
[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-26 18:01 | 今日の出来事
朝、父親の何気ない一言で目覚める。
“○○~(名前ね)、はよ起きんさいやぁ~もう8時とっくに過ぎたで~”

…!!!!!!!!!!!ハッ!(滝汗)バイトがっ!!!
9時の時点で、歯科に着き、制服を着て作業を始めていないといけないのに!
ものすごい形相で身支度し(笑)、大慌てでチャリを飛ばす。大学通りを信号無視、しかも歩道ではないところをぶっちぎり横断。肌にしみるような寒さも、眠気覚ましにちょうどいい。

17時までバイト。年内最後ということで、挨拶を一通りしてちょっとしみじみ年の瀬を実感。
18時からメリクリパーティー(???)。有志で集まった7人の男女。
もうすぐ安芸娘になりますが、その直前にこうしていつもの仲間の顔を見て、そして歓談できて幸せ。いつもの顔、いつもの空間―――そうゆう何気ない一瞬一瞬のありがたさを感じた。

みんな就活しててエライなぁ…すっかり就活モードが停滞してたけど、まぁコツコツやっとかなきゃ。私は波が激しい、そして逃避癖がすごいので、そのへん来年は気をつけて頑張ろう。

この一週間はほとんど家におらず、じっくり家事とかやることできてなかったので、(24日締切のレポートも、当日朝方完成…徹夜TT)明日は帰省前日、大掃除に年賀状に帰省準備に大変だぁ~、うぉ~たぁ~!(ヘレンケラー)
[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-26 00:07 | 今日の出来事
僕が見つめる先に
君の姿があってほしい
一瞬一瞬の美しさを、
いくつ歳をとっても
また同じだけ、笑えるよう、
君と僕とまた、笑い合えるよう…


[EveryLittleThing 『恋文』]
[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-25 17:45 | 今日の出来事
「私ってこんなことやってきた!」
「自分、こんなにたくさんの経験をして、刺激的な日々だった!」
うんぬん・・・。

…突然ですが。
なんか他人にこんなことを語るのって、やっぱ微妙ですよね。
語ってる自分は意気揚々とするんだろうけども、他人からすれば「だから何?」。
すごいね、すごいねってそんなに褒められたいのか、と。

でも、自己PRってそんなもんですよね、聞き心地のいいストーリー並べて達成感得られるようなエピソード語って。とても頭のキレる、私が尊敬している、ある先輩が昔書いていたコラムをふと思い出す。そういう本音というか、心の底で、どこか拒絶感を抱くものに対して、素直に想いをこぼすひとって自然だし素敵だと思う。単にネガティブ思考だとかいう問題ではなく。

あ、そんなこと言っても、私も何かに達成感を得たときは、たぶん他人に対してそういうことを考えずに表現していたなぁと思う。周りからすれば、「自分に酔ってるだろお前」的な嫌悪感すら抱くと思う。私が抱くのと同じように。

こういう、他人の言動に程度に差はあるにしろ拒絶感を抱くのはなぜだろう、と考える。
これはやはり、日本人独特の感性なのか?良いことをしてもあえて自分からアピールしない「陰徳」のように。日本でそういう風土があるからこそ、これまで企業も社会貢献活動とか積極的に開示しなかった面も考えられるわけで。私はこの島国を出たことがないから分からないけど、アメリカ人なら反対だとよく言われるように、たぶん自己顕示をしても、誰もがオープンな感覚であれば受け入れる器も大きいのではないか、と思う。

…だんだん話が大きく広がってきてしまった(汗)私が特に常々思うのは、文字によって日記なり考えなり表現することって、自己顕示欲が強い人が多いのではないかということ。「人の振りみて我が振りなおせ」とはよくいったものだ。何のためにそういった活動をするのか、と問えば、きっといい答えが返ってくる。私も正統らしい答えを用意できる。でも、きっと読み手からすれば色んな意見を持つと思うし、結局自己満足のような気がする。自分のためにあるものなら人に見せなければいい。人に見せることで何を得たい?―――表向きのいい答えの裏側に、都合のいい自分勝手な答えがあると思えて仕方がない。

じゃあそんなこと言う自分こそ、何でブログ書いてんだ?それを問う時、私自身ブログ(なりホームページなり)の意味を考えてみる。そして、色々痛い部分も多く、問い直してみる。これを書くとものすごい量になりそうなので、後日に割愛するが、多かれ少なかれ、万人に受け入れられるような文章なり作品なり存在することは難しいということ。どんな感想を抱くかは、ほんと人それぞれで、そのひとつひとつをどこまで把握するか、気を配るか、独りよがりになっていないか。他人の声を拾う心、適度な配慮。

こんなこと言い出したら、何を書いていいのか分からなくなる。ブログに限らず文章なり何かを通して他人に向けて表現することの意味に、ちょっと思いをめぐらせてみた夜。


弱い部分も、辛い部分も他人に見せられるような人が好きだ。
人間だもの、色んなこと抱えてる。
「ものは言いよう、考えよう」
私も、基本はこの精神で何でもうまく要領よく片付けるけど、どこかで矛盾する、違和感感じるココロにも目を向けて、ブログくらいは多少ネガティブでも、本音を綴りたい。ある友人が書いていたが、“知り合いが読んでいると内容や表現に制限が加わるというデメリットは否めない”―――そこはまぁすでに何度も私も痛感済みであり、今日も、そしてこれからも、その制限に多少戦っていくことになりそうだけども、それでもブログを続けるかどうか、意味を問い続けながら考えていきたい。
[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-24 02:09 | 今日の出来事

【お知らせ】

リンク集さらに追加しました☆
「就活blog」は、偶然発見したんだけど、いやぁ…なんか目に見えないだけでほんとみんな動いてるんですねぇ…(滝汗)焦りと居直りと、半々の気持ちで眺めてました。一休さんのモットーで頑張ります☆

「彼はアタシの捌け口」は、ほんとに面白い。ここの彼氏さん、かわゆいわぁ。毒舌な彼女の文章、大好きです。
[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-23 17:33