最後の夏。残された時間が僕らにはあるから・・・


by ponpon-orange
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:サイクリング・街探訪( 12 )

b0041672_21575573.jpg
横浜、2年ぶりにお出かけ☆
ワールドポーターズ・赤レンガ倉庫・中華街・山下公園・元町のメイン通りを“チャリ”で走る。
そして、明治期から(?)残されている趣深いレンガ作りの建物をサイクリングしながら見学☆
県庁や税関局、歴史博物館、日本郵船の旧本社など、時代を感じさせる。
横浜、さすが港町の情緒溢れる風景が素敵です(>▽<)…うっとり。

写真は、中華街で味わった『刀削麺(とうしょうめん)』!
美味しい!!本場の麺はこうでなくっちゃ。
すごい不思議な食感で、職人の情熱と魂が凝縮されてる感じ。(どんな感じだよ)


…なんか、自分で麺を作りたくなった。(新たな旅立ち)
[PR]
by ponpon-orange | 2005-06-25 21:14 | サイクリング・街探訪

[6/2] 女優の輝き

「そういう者に 私は なりたい」
(サウイフモノニ ワタシハ ナリタイ)

*************
――いきなり宮沢賢治ぶってすみません。
何悟ってんだか。
別に雨にも負けず、何かしたいわけでも何でもないです。
むしろ雨万歳です!昨日(2日)の雨は、私にとって最高の雨でした。

そこは代官山。
オシャレな街並みとこだわりのお店がたくさんあふれるセレブな空間。
昼間もひとしきり雨が降り続き、せっかくの初・代官山!もどこか静かでどんより。

私と彼は、そのとき大通りの交差点を渡り、とあるお洒落なケーキ&パン屋さんの前に立っていました。ケーキを食べるかどうか悩み、立ち止まって話していました。私たちにはよくある光景。

そんな私の方へ、向こうから渡ってくるとある親子。少し派手目な高貴感漂うお母さん、そして娘。娘の腕には茶色い綺麗な毛並みのミニチュアダックスフンド(たぶん)。その犬の毛並みの良さ、そして着せている服が黒地に宝石(?)がキラキラ☆

奇跡の瞬間に至るまで、私の脳内に巡った思い、その間わずか1秒。
(お~すごい、この犬なんか超金かかってんじゃん?!)
(うわぁ、こりゃセレブな親子だなぁー、お母さんも綺麗系で高貴だったし)
(じゃあ娘の方はどんな顔してんだろ?)
…ここで私は傘で隠れた娘の方を覗き込む。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん???!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・えぇぇぇぇっ!???!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・えーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!

もうっ、代官山最高☆これぞ私が昔から望んでた瞬間。
その娘さんは、「女優」でした。
冬には“月9”とかいうものに出てて、織田裕二とラストクリスマスしてました。
「よ~く考えよ~う、お金は大事だよー♪」とかアヒルのそばで歌ってました。
今、TBSのドラマで主演とかしています。
ちょっと待って、ウソでしょ。お母さんとお買い物してるなんて。

この視力1.5の目はウソをつきません。何度も見ては確認し、はっきりと本人だと判明!
目深にキャップをかぶり、紫のカットソーに細いジーンズ、そして紺のパンプスちっちゃなバッグ。至って普通なファッションだったけど、人目を避けて行動してるあたりが間違いなく本人でした(@@)!!

いざとなると「サインしてください」だの「握手してください」だの「写真撮っていいですか」とか、声かけられないものなんだね(><)ひよってひよって、ただ傍でちらちら見たりするくらいしかできなかった(T^T)だって相手は完全なプライベートだから邪魔しちゃ悪いし、なんか声かけてもどんな愛想されるか分からなくて怖かったんだもん。そっとしとくのが一番かな、と。

私が教えてようやく気づいた彼は、私以上にジロジロと彼女を眺め、何度も彼女と目が合ったらしい。そして、少しむっとしてたらしい。そりゃキモがられたんだってば^^;(笑)

その親子は、お母さんだけパン屋で買い物し、アクセサリー店を外から眺め、最後に雑貨屋さんに消えていきました。その間、彼女に気づいた他のカップルも1組いたけど、多くの通行人はまったく気づかず素通り。私は何度、通行人の女子高生や男子たちに叫んであげようかと思ったか。

『お~い!今、キミ達、“矢田亜希子”の横通ってるんだぞ~~~!!』って。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
細くて肌綺麗で、スタイル抜群。
正直芸能人オーラがそこまであったわけじゃないけど、
でもやっぱりすごく綺麗でお洒落な感じだった。
目深にかぶったキャップとジーンズ姿にうっとりしてしまい、
しばし私は夢気分。調子に乗って、その後セレクトショップで
似たようなキャップを手にとり、迷わずかぶって鏡の前に立つ私。

――白いお団子のような顔がますます丸く見えて最悪でした。
どこぞの漫画家か怪しい探偵のような姿を見て、私は思いました。

シンプルな格好が似合うひと。
ただジーンズとキャップだけでも洗練された美しさが感じられるお洒落な雰囲気を持つ女性。
毛並みのよい犬に負けない綺麗さ、上品さを身にまとえるひと。

・・・・・・・・・・「そういう者に 私は なりたい」(無駄な願望)

b0041672_2411815.jpg
P.S
矢田ちゃん、代官山に住んでいるのかなぁ。雰囲気からして、やっととれたオフの日があいにくの雨で、お母さんと一緒にちょっと近所に散歩♪って感じだった。
「平日の代官山」、これはかなり芸能人に会える可能性大かも。オススメです!
代官山フリークな堂○剛にも死ぬまでに会いたい。ライブとかそんなんじゃなくて、偶然の出会い☆……まだまだ田舎者なんだなぁ、このミーハー精神(--;)
[PR]
by ponpon-orange | 2005-06-04 02:31 | サイクリング・街探訪
緑豊かな公園に佇む、歴史的建造物の町並み・・・そこには、昔懐かしい面影を残した、数々の風景がありました―――。

**********************
「江戸東京たてもの園」――ココ、いい!絶対、一度足を運んでみるべきです。
武蔵小金井駅(中央線)・花小金井駅(西武新宿線)から近くに位置する、都立小金井公園の一角。ひろ~い敷地の真ん中に、その空間はあります。

東京都が文化的価値の高い建造物を保存し、文化遺産として継承するために設けたこの広場。足を運んだ瞬間、私の心は日本古来からの情緒あふれる香りに包まれ、タイムスリップ\(☆o☆)/

江戸時代後期の茅葺屋根の家や、明治から昭和にかけての商店など、目の前に繰り広げられる風景は、どこか心和む。
b0041672_1125956.jpg
微妙に感動したのが、犬養毅内閣の時に金輸出再禁止し、2・26事件で殺害されたことで有名な「高橋是清」邸。だって、アノ高橋是清だよっ!教科書ですごい覚えたよ?!そんな人の家に入っちゃったよ!ガラスとか当時のままだから壊れそうなくらいもろかったよ!(興奮)
……もはや風化し、どんどん溶けてゆく私の脳みその中で、過去の情熱的な日本史への記憶を辿りながら、妙に感動しっぱなしでした^^;

b0041672_1153487.jpg
さらに、『千と千尋の神隠し』で舞台となった「子宝湯」(東京の銭湯を代表するもの)も☆
実際に中に入ってみました。そこに置いてあった当時の体重計に乗る私・・・・・「うっ。。。」
ちょっと!これ、壊れてんじゃないの?!(怒)と体重計に向かって問い詰めること小一時間^^;(ウソ)すっかり就活で痩せた分戻ってました。まぁいっか。

一番私の心を捉えて離さなかったもの、それは「竹馬」でした^-^!!当時を再現した砂地には、竹馬やベイゴマで遊べる空間が。無邪気に竹馬にトライする私。竹馬は小学校時代まではよく遊んだけど、かなりお久しぶりな感じだったので、やっぱ最初はうまくいかずーー;でも、1分ほどやると感覚が戻り、昔のように歩けた~~(^o^)v”サンダルが砂で埋もれて足とか汚れてんのに、かまわず遊ぶ姿――あの人の目にはどう映ったんでしょうか(^^;)

b0041672_127877.jpg
当時の酒屋や文房具屋などもあり、今や見られない缶詰もたくさん@@;見るもの一つ一つが新鮮で、その当時なんて実際生きたことなどないのに、どこか心には幼き日を懐古するようなゆったりとした気持ちが。これ、いわゆるノスタルジアってやつかねぇ(*^^*)

ほかにも、子供達が群がる紙芝居や、昔ながらのアイスクリームやかき氷を売る屋台など、時代は完全に昭和でした。そして、訪れる人たちに建物のガイドやイベントをお手伝いする人がたくさんいました。おじさんおばさんだけでなく、私たちのような若者も――これは、ボランティア活動らしい。昔の日本文化を子供達に伝えるボランティア、その精神がこの街には根付いていることを垣間見て、東京の片隅にある「ゆとり」を少し肌で感じた一日でした☆
[PR]
by ponpon-orange | 2005-06-04 01:10 | サイクリング・街探訪
サバイバルサイクリング

****************
ブログやり始めて、ついにトラバってみました^-^!!
上のは、リンク集にも載せている、高校友人ホワモカの『幸せなひととき』のトラックバックです☆(ちなみに彼女、この日の日記を2つ書いてるので、トラックバックした次の分もご覧下さい)

…全てはそこに書いてあります。そちらをご覧下さい、詳しく書いてあるんで^^;(怠惰)(爆)
なんてね。いやいや、私の視点から同じ出来事を振り返ってみます♪

私たち多摩娘、なんとチャリで『下北沢』まで行ってきました~!!
ええ、シモキタですよ、ほんまに^^◎まさかほんとに到着するとは。。。(衝撃)

甲州街道を延々走る走る。私、今まで甲州街道は「排気ガスで空気汚い」「トラックとかの横走るのマジ怖い」「自転車が通る道は狭く、2人で並んで走れない」という3重苦のため、極力避けていたんです。でも、シモキタ、行ったことのない、憧れのシモキタのためなら、と未知の旅へ挑戦!

交際歴(笑)10年目のホワモカと、途中前後になりながらも大声で、他愛もない話に花を咲かせてひたすら走る。いつもと違う相手との旅、それはそれでまた違った楽しさがあって、久しぶりに会ったため色々話は尽きず、いつの間にか調布市へ突入。

b0041672_3352428.jpg
じゃじゃん、味の素スタジアム!!始めて見ました。ね、赤い自転車2つ、仲良く並んでるでしょ^-^(笑)(呆)

ここのコンビニで水分&栄養補給を仕込んで、再び激走開始。途中、死闘の坂。立ちこぎでぜぇぜぇ~はぁはぁ~言いながら、必死で前だけ見つめる、華麗な女子大学生二人。。。(爆)
「目指せ、セレブ!」な二人(←つっこみはお断り)は、新たなるセレブのあり方のお手本となるべく、ひたすら目標達成のために走り、しかも華麗に、爽やかに・・・。^^;
途中、立ち止まってはペットボトルをごくごく飲んで、汗を拭く様は、どう見てもアスリート。これが新たなセレブ像なんですって!(無理)

b0041672_253565.jpg
京王井の頭線に沿って走っており、ついに「明治大学前」通過@@;!なんか不思議。この辺りから、道路の標識は「新宿まで一桁」「原宿」「「渋谷」とか出始め、都心に近いことを予感☆首都高速の電光掲示板(?)も登場するし、もはや笑いが出てくる。

そして、環七通りを南下し、ついに夢の「シモキタ」へ、ゴール~~~~~~~!!
あまりに苦しくてつらくて、私たちは手をとりあって喜びの涙を流しました。(←大ウソ)
b0041672_315012.jpg



***************
全然疲れておらず、るんるん気分な私たちは午後2時、ようやく昼ごはんへ。地下にある一見怪しげなカフェで、「タイ風グリーンカレー」をぱくぱく。で、その後2時間半、雑貨屋さんや洋服屋さんを、たくさん見て回りました(*^ー^*)

…ヤバイ!いいっ!
私、初めてシモキタに来ましたが、見事にツボを押さえるような雑貨が目白押し(☆o☆)
隣でホワモカがかごバッグや革バッグに心を奪われており、私はジャパネットた○た並みの口調で褒める褒める!こうして勧める様が、まさにオバサン?!(汗)いや、ほんとに似合ってたよ、いい買い物だよ、あれは^-^b”☆
私も、心奪われたかわゆいインテリア小物とアジアン系のイヤリングを買ってにんまり☆

楽しい時間はあっという間。そして恐怖の帰路・・・経験上、同じ道だと絶対精神的に辛いので(距離感覚が分かるから)、地図見てとっさの判断。
甲州街道→吉祥寺通り→東八道路(私にはなじみ深い)のコースを通って、見事に行きより30分早く到着~^0^

夜は私の街の無国籍料理店でお洒落なひととき☆
さすが21歳。これまで彼女とは中学生の頃から色んな話をしてきましたが、大学生期だけを振り返っても、ずいぶんお互い大人になったもんだ、と感じました。話す内容、冷静に考えてみるとかなり変わってきてるよ。でも、それでもいつまでも変わらない純粋さとか価値観とか、改めて触れることができてとっても楽しい時間でした。やっぱり旧友はいいものだねぇ(*^_^*)

b0041672_3223832.jpg
下北沢、自転者の旅――これは青春の証、友情のシルシ。そして、二度と戻れない学生生活の、貴重な想い出のワンフレーム。

……次第に真っ黒に焼けてゆく私の腕だけが、どうも私の心を引き止めるけれども、
それでも、残された時間、青春の道を開拓し続けたいな^-^(ご勝手に 汗)
[PR]
by ponpon-orange | 2005-05-18 03:32 | サイクリング・街探訪

[5/5] 東京湾景

GW、ガンガン動きます!
*************

この日はチャリっ子、新たな手段を発見。
都心から自転車・・・ええ、さすがに多摩に住んでる私には都心より東はキツかとです・・・。
なわけで、「東京駅からレンタルサイクルを利用する」ことを思いつき、いざ出陣。

八重洲口近くにある、オリックスのレンタカーの店で新品同然のチャリを借りました。
ここすごいオススメです。店員優しいし、500円で一日中乗り回せるし☆

*行きのコース*
「東京駅八重洲」
→「日本橋」(オイオイ、人ガラガラだYO!なんかおっきな会社のビル並んでる~)
→「新川」突入。(え、なんか遠くにデッカイ綺麗な高層マンションが見える、すっげえ何あれ@@;)
→「中央大橋」を渡る。そしてこの先、月島や勝どきがある「大川端リバーシティー21」の中を散策。b0041672_9335430.jpg

隅田川が穏やかにキラキラと輝きながら流れているのを横目に、さらにスピードを上げて南下。

→「月島」到着!昔ながらの商店街、その横には新築高層マンション・・・なんだ、この街のアンバランスさは!それがまた、古き町並みのよさを引き立てるようにも思いつつ、決してもんじゃ焼きには手を出さずに通過。(だってあんなドロドロしたきもいもん食えるかい!やっぱり広島のお好み焼きじゃろ☆そんな生粋安芸娘には、もんじゃは永遠の敵)

→有名な「勝鬨橋」を見物!築地と月島を結ぶ橋で昔は跳開橋として真ん中が開いていたらしいが、今は見事に閉じられています。

→「晴海」のトリトンスクエアの超現代的建築に感動しつつ(田舎モン)、江東区に入って「豊洲」通過。嗚呼、就活で通ったなぁ~・・・しみじみ(苦笑)
→「東雲」を通って、「有明」の東京ビッグサイトやらを見ながら、いつの間にか行き着く先は・・・!?

→『お台場』っ!!!

なんかすご~く不思議でした、個人的に。いっつもゆりかもめ乗って人ごみにまぎれながらたどり着くアノ場所。それがなぜチャリで!?^^;お台場海浜公園のアノ浜辺にチャリを止めて、しばし休憩☆暑い日だったので、浜辺では若い男女が真っ黒な健康肌を見せながらビーチバレーで青春していました。(お前はオバさんかよ)そして、なにやらビーチバレーの公式大会も隣で行われていたらしく、大勢のスタッフ・観客でにぎわっていました^-^
GWのお台場は、アクアシティなど建物内はありえん人。。。走った分だけしっかりエネルギーを蓄えて、ぱくぱく。帰りは少し違うルートを選んで東京駅へ。

今まで聞いたことないような地名もたくさん見ることができて、すっごい面白い旅でした。
こりゃいい、ハマッた。この勢いなら千葉も行けるかなぁ☆(帰りが気分的に死ぬ・・・)
[PR]
by ponpon-orange | 2005-05-16 02:31 | サイクリング・街探訪

[5/1] 限りない道

世田谷――またしても、“ただのママチャリ”が頑張ってしまいました。

去年の9月に、私の住む某K街から、多摩川を延々走って「二子玉川」まで行ったのが自分の中でも印象的でしたが、今回、その二子玉川のさらに北に位置する、世田谷は「砧公園」まで行ってきました!(^0^)b”

*行きのコース*
K市からF市へ抜ける
→府中四谷橋に出る
→多摩川を延々走る(途中多摩川でランチ☆)
→調布市、狛江市に至り、小田急線が走るのが見える、多摩水道橋に到着。
⇒ここから、多摩川とおさらばし、「世田谷通り」に左折→以降、世田谷通りをひたすら走る。
(ペット専門病院がたくさんあったり、高級な住宅街が山の手に見え始め、「世田谷ブランド」をこの目で実感(笑))
→だんだん坂道が急になり、ぜいぜいはぁはぁ言いながら走り上る。
→「成城学園前」とか通り過ぎる。(嗚呼、愛しの森山直太朗はここにずっと通ったのかぁ、と興奮(バカ))
→「国立成育医療センター」という建物の横を通過。えらい綺麗な超現代的建物で、ドラマで使われてそうな立派な病院でした(@@)!
→「NHK研究所前」を通過。新人研修はここで行われるらしく、これもまたすごい立派なガラス張りでした。
→そして・・・・・・
ようやく2時間かけて都立「砧公園」に到着~^0^!

********************
b0041672_21383125.jpg
家族連れでいっぱい!穏やかな日差しの下、芝生で子どもたちがお父さんと一緒にサッカーとかフリスビーしてました^-^いいねぇ、こんな家族作りたいねぇ☆

さて、私はと言えば・・・旅のお供が食べてたパンだかなんだかの残りをもらって、芝生にいたハトたちにエサをあげてました^^;(爆)広島でずっと「平和の象徴=ハト」として親しんでいただけに、ハトを見るとどうしても戯れたくなるんです、あはは。いい歳して飽きもせず、ずっとハトと遊ぶ私・・・気がつくと、近くにいた家族連れのお母さんにちょっと笑われてました(T口T)

芝生でごろんとまったりした後、隣接してある「世田谷美術館」へ。
セレブ、さすがセレブな街・・・品のよいご老人たちがここぞとばかり集まって、なにやら高貴な絵画だか陶芸だかを鑑賞してました。私は無料の展示だけ見て知的な学生ぶりました。

*帰りのコース*
世田谷通りを途中まで走る
→途中、世田谷通りと交差する「野川」とぶつかり、ここから先は野川に沿って延々北西へと橋ってゆく。
→野川のほとりはサイクリングコースとして整備されていて実に走りやすい。しかし、あまりに同じ風景が続き、「のがわ」という標識を何十回となく目にし、いい加減ウザくなる。
→前日の「深大寺」近くを過ぎ、三鷹を過ぎ、「野川公園」(東八道路に隣接)に到着。
(ここで、よく行く野川公園に着いたことにビックリ&感動)
→感動もつかの間、日が暮れてきたので、家を目指して走り続ける。
→ゼミテンの住所(らしき地名)を通過し、国分寺駅へ。以後はいつもの道で。

*******************

疲れた・・・少し曇り空だったにもかかわらず、顔も両手も赤く焼けた・・・時計の跡が未だに残ってるし(@@;)(汗)

もう少し頑張って走ってれば、もう三軒茶屋・渋谷はすぐそこでした。
バイクでもなく、マウンテンバイクでもないのに、なぜ私はここまで走るのか――。
これからの季節、真っ黒になりながら走り続けます☆(ウソ。美白は大事)
[PR]
by ponpon-orange | 2005-05-08 22:03 | サイクリング・街探訪
心癒してくれるのは、さんざめく光を浴びた緑と、色とりどりの花――。

就職活動が無事終わり、内定直後のゼミでの卒論報告#1もなんとかクリアし(数日間文献と格闘。先生OKくれてありがとう、次回は妥協せずもっと頑張ります><)、GWに突入!
就活の助っ人で上京してくれてた母も含めて、家族3人で深大寺・神代植物公園に行って来ました^-^☆

*****************

ここは昔、父が学生時代によく通った公園だとかで、最近だと大河ドラマ『新撰組』の舞台にもなったゆかりある場所です。四季折々の緑や花があふれ、ファミリーからカップル、そして何よりお年寄りが多いのが特徴!(笑)^^;都心でもなく、“調布”という多摩ならではの魅力なのかな☆

b0041672_17134999.jpg
そして、テレビでもよく紹介される老舗のそば屋さん。ここも父が学生時代から行きつけで、私も3年前に一度来ましたが、ほんと美味しい。他のそば屋のとは、麺のこしが全然違う!
b0041672_17291773.jpg

b0041672_17194283.jpg
そばで幸せな気持ちになった後、家族でてくてく、園内の緑や花を見て歩きました。ツツジが綺麗な時期で、写真パシャパシャ。普段、会社ではおそらく怖い顔して威張っているであろう父は、テンションが高かったのか、赤いツツジの山の中に自ら埋もれて、私に写真を撮れ、と指示。(爆)恥ずかしい一方で、母と大笑いしながら記念に撮ってやりました^^;ここに載せたい一心ですが、我が家の恥さらしになるのでやむを得ず却下(笑)
b0041672_17255447.jpg
b0041672_1727795.jpg

久しぶりに家族でゆっくり外出したような気がしました。新緑が太陽に照らされてキラキラしていること、花が綺麗だと感じられること、そして、自分の心がこんなにも穏やかでいられること――やっと、春(いや、もう初夏なんだけど 汗)という自然を実感できた一日でした。

皆さん、是非一度訪れてみてはいかが?^-^ちなみに私は、これまで例の自転車で何度か来てます☆美味しいおそばに、あふれる自然。ちょっと穴場なデートスポットとしてもいいかも☆(あ、でもちと老人じみてるかも 笑)
[PR]
by ponpon-orange | 2005-05-08 17:35 | サイクリング・街探訪
品川駅でスターにしきのあきら(最近漢字にしたよね)に出会った。
金髪にグラサン、あんた、もはやヤーさんだよっ…。オーラ出すぎ。

渋谷スクランブル交差点をスタバの2階から眺める。東京は色んな人間が集まっている。そして、色んな格好をする人がいるもんだ。怪しげな撮影もされてるし、見てて飽きない。そこのキミ、ひそかにチェックされてたりするもんだよ、上から。(コワイ=3)

新宿、さすがです。感動をありがとう☆
でも、おばちゃん達パワーにはかないません。
携帯やデジカメ、せっかく持ってても、使い方完全に分からず、ただ群がってイルミネーション撮るのやめてください。うるさいよ、あんたたち(爆)


―――東京に来て早3年。未だに渋谷とか行くと芸能人いないかキョロキョロ何気にしてる私はやっぱり田舎モンっすかね。田舎って言っても広島も全然市内は都会よ~、むしろブランドとか完全に揃うよ~!(…って一応意地を張る)
それでも東京はいい。まだ飽きない。こうして今日も明日も、多くの地方出身者が、渋谷の街を、新宿の街を、まるでホームグラウンドのように気取って着飾ってかっ歩してゆく。

どこかで堂本剛を見たい、妻夫木を見たい。それが見れたら私は田舎に帰ります。(ウソ)
[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-23 00:54 | サイクリング・街探訪
ふと標識を見ると「八王子市」。“野猿”街道(すごい名前だ)をまっすぐゆこう、果てまで。

小高い丘の上にある楽園。そこはショッピングという名の快楽を、夢の国のような景観によって美化している空間。さすがスリー胃不動産。あんた、全国に色々似たようなもん作って、郊外を活性化させようとする魂はすごいね。でもね、やっぱどこも似てるのさ…それでもなんか買ってしまいそうにはなるけどね。

―――アウトレットパーク、「ラ・フェット多摩」。南大沢なんて初めて行ったよ。普通に神奈川県がすぐそこだよ。田舎~で、街道通っててすごい気持ちよかったよ。1時間弱で行けたし、なんか距離的にはそれなりにすごいんだけど、感覚マヒしてきた私には全然余裕だったさ。

都市空間を創造すること。田舎を切り開いて、新しい商業施設を作ること。
周りの風景に溶け込んでいない、どこか不自然な楽園は、本当に楽園か?
それでも足を運び、そしてチャリンとお土産を残して帰っていく私たちは愚かな餌食か、それとも安くいいものを買い求める、賢い消費者か。

不満ではなく、憧れ。空間を切り開く力と未来設計図の壮大さ。その裏で泣いている何かを見つけられるかどうかだ。共存ってなんだろう。明日も旅に出よう。
[PR]
by ponpon-orange | 2004-12-22 00:26 | サイクリング・街探訪
1限、某学部人材マネジメントの授業が終わった後のこと。

「どっか行きたい…こんな暖かい日はもうこれから冬ないぞ…うん行こう!」

脳内を瞬時に駆け巡って決定されたこの思い。2限も、まぁ個人的には雑談っぽくて面白い授業なんだけど、もう今後しばらくないであろう貴重な自由時間を、果たして室内にこもって過ごしていいのか、という、不真面目なもう一人の私が心の中で踊り出しました(呆)

…とある2人の女友達に旅に出る宣言を残し、そのまま気がつけば愛チャリとともに青空の下へ。ジブリ「耳をすませば」の舞台で有名なアノ街目指して、ひたすら南進。よく行く街だけど、地図を持たず、適当に走ってもナンダカンダでこの多摩地区なら地理を把握してるので迷う心配なし!この日も、普段色々背負ってるしがらみを全部忘れて走ってたら、今まで通ったことのないルートを発見!不思議とそれが鎌倉街道(以前多摩センター行った時使った道)につながってて、自然に聖蹟桜ヶ丘に着きました。

…その旅の目的。それは「しがらみ忘れてリフレッシュすること」、そして「就活関連のお勉強をすること」でした。(矛盾)(笑)お勉強をするために、駅前のデパートにあるSバックスへ☆

新製品の「ホワイトチョコレートモカ」☆これ、あまりに美味しそうで即決。あと早めの昼ごはんとして、チョコチップ入りのスコーンを注文。

b0041672_052399.jpg
クリスマスはすぐそこに☆ツリーを眺めながら食べたい気分だったので、テラスでぱくぱく。ちょっと一人勝手に優雅な気持ちに浸ってた(爆)去年とある授業で消費行動論の研究としてSバックスを調査したんだけど、わかるわかる、ハマる人がナンダカンダで多いわけ。たぶんド○ール派とか色々意見は分かれると思うけど、とりあえず私はあんま普段一人ではカフェを利用しないので、久しぶりにSバックスに行ってみてハマりそうな予感に包まれた(笑)やっぱかわゆい、女の人は好きな人多いだろうなぁ。

…結局あんま肝心のお勉強は進まないままタイムリミット。午後から大学で企業説明会がたくさんあったので、すぐに戻らねばならず(涙)帰りは時間を気にしながらだったから、多少落ち着かなかったけど、それでも多摩川と空と風のプリズムは、せわしない日々の混沌としたものをキレイに消してくれた☆やっぱりサイクリングはいい!これからは時間取れなくなるだろうけど、それでも時間許す限り、いつまでもどこまでも走り続けたい。

P.S 「授業は大事だよ~、真面目にやれよ~」
そんな声が聞こえてきそうだけど(汗)、大丈夫です、こんな授業サボって旅に出かけることは滅多にないんで(笑)(ほんとに!?)いや、ここんとこ色々就活を深く考えすぎて病んでてどうにもこうにも走りたい気分だったので…。自分で言うのもなんなんだけど、真面目な部分と不真面目な部分を背中合わせに持つ私の性格、うまく共存させるためにはやっぱリフレッシュっしょ☆(言い訳)
[PR]
by ponpon-orange | 2004-11-27 00:22 | サイクリング・街探訪