最後の夏。残された時間が僕らにはあるから・・・


by ponpon-orange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

〔10/19〕 音楽が運ぶもの ~過去からの風~

今日はゼミの終了後、グループワークしてるメンバーで夕飯をバー○ヤンで食べました。

夕飯を食べながら私たちは、なぜか日ごろよく聴く音楽について語り始めました。他の二人は洋楽大好きみたいで、意気投合しまくり!!!(汗)私ひとり、次から次へ飛び出すわけわからん歌手名にぽかーん。。。(涙)ほんと、二人は偶然にもマニアックなとこまで好みがかぶったみたいで、しばし花咲く談話。で、私は邦楽メインで、まぁご存知のとおり、森山直太朗にもっぱら捧げてるわけですが、とは言え、邦楽なら色んな歌手を幅広く聴くわけですよ、昔から。で、みんなで色々邦楽についても盛り上がって、「宇多田ヒカル」やら「ミスチル」、「aiko」とか挙がり、歌詞やメロディーの良さを語りました。…肝心の打ち合わせは後回しで。。。(苦笑)
      
       **********************

帰宅後、なんか久しぶりに、昔よく聴いていた曲を掘り出してきて聴きたい気分になり、ストレス解消も兼ねて、BGMガンガンにしました。宇多田、倉木麻衣、SPEED,モンパチ、ケミストリー、ポルノ…懐かしすぎ!私は個人的に宇多田<倉木なんですが、今日は宇多田をメインで。ファーストアルバムあたりを聴くともう、懐かしすぎて、自然とメロディーとともに当時(中3くらい)の生活とか甦ってきました。当時主題歌になったドラマの情景(菜々子とタッキー禁断ラブね)とか、それを見てた幼き自分の写真での姿とか…。あと、モンパチのアルバムを聴くと、大学1年の秋の、ひとつのせつない想い出とかフラッシュバックしてきたり…。凹んだ私にこのアルバムを勧めてくれた親友のさりげないあの時の優しさと、男の溢れる愛のメッセージは、ほんとジーンと来て、今でも聴けば心の奥底を少しむずがゆくさせる感じ。

音楽ってすごいですよね。なんで、歌詞やメロディーに乗せて、忘れかけてた記憶までも鮮明に運んでくれるんだろう。自然と頭に浮かぶ情景のそれぞれは、なんでもない小さな場面ばかりだったとしても、思い出せばちょっとした時空旅行をさせてくれる。それってたぶん生きてきた軌跡を築く、忘れちゃいけないものたちなんだろうな、と思う。曲ひとつひとつに日常生活のワンショットが刻まれて積み重なって、時を経てまた届けてくれる―――それは、春が訪れ始めた頃にふわーっと吹く柔らかな風のような気がした。


なんか語ってしまったなぁ。だいたい私がつらつらと語る時は、後で読み返すと相当に照れくさいというか、こっ恥ずかしいものになるので、皆さん「うわーコイツまた一人勝手に青春めいてるよ」とか思っといて(笑)私、この青春めいた感じや言葉がナンダカンダで好きなんです、うん。だからたぶん、直太朗の、日本語の美しさや人生論みたいな歌詞にたまらなくやられるんです(^^;)

―――音楽はやはり欠かせない。目を閉じて、耳をすませば、そこにあるものは消えることのない人生の宝たち。
[PR]
by ponpon-orange | 2004-10-19 23:52 | 今日の出来事