最後の夏。残された時間が僕らにはあるから・・・


by ponpon-orange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[6/9] ウェディングプランナー

今日、教習の効果測定を無事“満点”合格し(前日は1点差で落ちた 泣)、残すは技能のみきわめと、その後の修了検定&学科のみ!ここまでオーバーすることなく、淡々と進めてます^-^教習日記さぼってましたが、実はひっそり進めてました^^;技能は今月から始めたから標準進度?!

最初に車乗った日とか急ブレーキしまくり、そしてハンドルの切り方が悪く、カーブで「ふらつき運転」をしていた頃が懐かしい。仮免前のクライマックスな日々で、最近は車に乗るのが楽しい♪
そういえば今日の技能の教官は、いかにも“痴漢してます”っておっさん顔の人で、軽く視姦された、絶対。じろじろ胸元見るな~!!全身舐め回すように見たアノ視線、絶対セクハラだ!(怒)
『どこ見てんのよ?!?!』(青木さ○か風に!)
嗚呼キモいキモい。今までの爽やかな教官たちが懐かしい。
教官との恋とかよくイメージされるけど、実際あるもんなのかな。あ、来月から始まる月9もその設定だった!(汗)まぁ、教官役がブッキー(=妻夫○聡)なら余裕でありえるかぁ(笑)いいなぁ
そんな教習所。絶対現実、ありえん・・・・

********************
さて、今日は愛しのブッキーネタで行きます!
教習から帰ってきて、ふとつけたテレビ。
フジ○レビでは、2002年春ドラの再放送をしてた。
――『ウェディングプランナー』。
もう、思わず引き込まれて見た。大学1年のころ時々見てたけど、全部見てなかったから懐かしくて。そして主題歌のケミストリー「君をさがしてた」が泣ける。心をぎゅっとつかんだ。
恋愛、そして結婚をとりまく人々の感情の推移とか揺らめきがリアルで、すごく共感できて泣けた。結婚式当日、いわゆる「花嫁泥棒」で一度別れた二人、再会してもやっぱり好き合ってたけど、もう戻せない過去。

「結婚には運とかタイミングがあるから。僕の結婚相手は君じゃなかったってこと。
そして君の結婚相手はその男ではなかったってこと。ただそれだけだよ・・・」

…主人公ユースケ○ンタマリア演じるトオルが、かつて結婚式で逃げ、再会した時、もう一度やり直そうと言ってきた彼女に対して、しんみり返す言葉。失恋して辛い痛みをひきづってきたトオル。今でも彼女が好き。でもそうやってやり直しても、うまくいかない、きっと。なぜなら、彼女はほかに本気で好きになった男に振られて、やさしさ求めて自分の胸に飛び込んでこようとしてるから――。

「いい男になったね。私、もったいないことしちゃったな・・・」
そういって涙ぐんで笑う彼女。
自分の失恋を励ましてくれるトオル、その優しさは昔以上だった。

なんかもうダメ(TT)せつなくて、恋とか結婚とか、繊細な心の動きでもろくも強くもなる、この苦しさでやられてる時に、ケミストリーが流れちゃうから、嗚呼もう・・・一気に涙腺緩んでダァ~(TT)夕方からテレビの前で泣いてる私は、立派な冬ソナおばさん予備軍でしょうか・・・^^;

あ、肝心のブッキーの話が。。。彼は今ほど知名度なかったけど出演してたんです。
で、当時かっこいいなァ、このひと、くらいにしか思ってなかったんだけど、今改めて見るとヤバイ。ドラマの筋書きの絶妙な部分でしっかり存在してる役どころや演技がたまらん☆こりゃ明日以降もビデオとか撮って見そうな勢いだ・・・^o^

久しぶりにドラマ見て、擬似恋愛の感覚にはまってしまった。
でも、どこぞのぺ様に夢見る現実逃避おばさんのように見るのではなく、
あくまでも自分の想い出を重ね合わせたり、大切にしたいものがあるから分かる気持ちを感じ続けながら見たいなぁ、と思いました^^;
[PR]
by ponpon-orange | 2005-06-09 17:24 | 今日の出来事