最後の夏。残された時間が僕らにはあるから・・・


by ponpon-orange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[5/13] めぐり逢い

内定者懇親会――この日は会社主催の公式行事として、東京ヒルトンにて盛大に行われました。スーツ着用、遅刻欠席早退、不可!……超拘束じゃん(汗)

私は以前、非公式で行われた懇親会で出会ったJ智大のRちゃんと待ち合わせをしていたので、ヒルトンの1Fロビーで早めに待機。ロビーにはセレブなお年寄りがたくさん。

・・・・・ん!?(@@)!!!!!!!

…え!!!!!

…の、ノムさん?!(衝撃)

なんと、私の後ろから、アノ、野球の野村克也が登場!ヤクザばりに貫禄あって怖かった(笑)
さらにJ智の子が来て一緒に受付4Fまで上がるエレベーターを待っていると。。。

…「え~~~~~~!!!あ、あ、あ、マジ?!」(Rちゃん叫ぶ)

私はさっぱり、きょとんって寛治でしたが、どうやら目の前で開いたエレベーターの中に、Jリーグ「柏レイソル」の選手たちが乗っていたらしい!彼女はサッカーの熱烈ファンなので、卒倒寸前の興奮具合でした。いやぁ、東京ってほんと、さりげなく有名人に会えるんだね、びっくりくり◎

そしていよいよ、開会。

人事総務部長をはじめ、お偉い方々の挨拶。そして乾杯。
1次面接を担当した若手社員らも続々参加して、立食パーティしながら、私たち内定者はしばし社員の方々と談笑。

一番の出会い――それは、私の最終面接を担当した、人事部長でした。私、最終面接では、これまでの会社への想い、そこで働く人たちの魅力、それらを最後に語ったんです。質問タイムを熱意アピールタイムに変えて。もう全然持ち駒がなかったこと、どうしても入りたい会社だったこと、これまで数々の面接(特に最終連続落ち)から学んだことや悔しさから、こみ上げてくる熱いものを押さえきれず、

『ここで言わなければ一生後悔するので言わせて下さい!』
と言い、語るうちに泣きそうになって声がうわずるほどでした。。。m(__)m

そんな、ある意味危険な賭けをした最終。反応が薄かった(と私が勝手に感じた)部長に食いついていったあの面接。
ずっと彼の判断を信じて待ったあの日々。。。

部長さんは私の顔を見て、ニッコリ☆どうやら私を覚えていてくれたようです。
最終面接日程の初日、しかも全体で2番目。。。最初の女の子だったこともあって、すごく印象に残っているらしく、あの時のことやどう評価したか、など詳しく語って下さいました。聞くと本当に嬉しくて、そしてもはや縁としか言いようのない人間的な感性、つながりで私が今ここにいることが分かりました。

改めて感謝の意を述べ、今後ともお世話になる方なので、しっかり握手しておきました^-^
どうやら最終面接やった3人のうち、一番偉い人で実質来年から私たち新入社員の配属や教育の権限を持つ人らしい(衝撃)……ニヤリ(^~^)今からよぉ~くをゴマすっておこう。最後、だいぶ酔っていらっしゃった彼は、私と廊下で出会った時、気持ち悪いくらい笑顔で手振ってくれたし(爆)

Rちゃんと閉会直前、余った料理(サーモン系やケーキ☆)のところに駆け寄り、おばさんのような根性でぱくつく。そして、内定者の一部で2次会へ行きました。採用段階から学生をチーム分けして、人事担当がついてくれるという特殊な方法をとった会社なんだけど、自分たちの担当の人事部の社員さんも一緒に飲んで、色んな内部情報・今後の業界のことを伺いました☆ここにはもちろん書けないけど、新聞とか上辺だけのニュースじゃ分からないことって多いんだね。ナンダカンダで慌しいし、これから数年はどういう方向であれ、すっごく面白くなりそうで、そして私にとっては魅力的な、とてもいい環境に身を置けたかな、と思います。まだ飛び込んでないから分からないけど^^;

***************
来春からの生活が、少しずつ色んなものに触れながら、見えてきたこのごろ。
もちろん不安も抱えきれないくらいあるし、長い人生で見た場合に生じる様々な問題・悩みは結局何も解消されないままで、すべてはもはや時の流れに身を任せるしかないことも多い。
大切なものを失わず、そして私自身が理想とする親や恋人との関係・距離、自分の人生設計がうまく望むように築くことができるなら、それが一番私にとっては幸せで、贅沢なこと。
広島に生まれ育ち、東京に来て、色々実現していく私の想い。でも一方で、これまで選択してきた道の中で消えていった可能性もたくさんある。これから社会人になって、会社で働くようになれば、もっともっと今思い描く人生とは違う分岐点に立たされることになるかもしれない。いや、きっとそうだろう。考え始めると、答えなんて出ないし、苦しくなるし、今の選択をともすると後悔
しかねないような気持ちになってくる。今選んだこと、それがすべて。今現在で一番納得していること。だからこれからも一生懸命悩んで、そのときそのとき後悔しないように選んでいくしかないんだと思う。大切なもの、色々あるけど、それをできれば全部守るために、生きていく時間の中でしっかり向き合って人生に刻んでいきたい――。
[PR]
by ponpon-orange | 2005-05-18 02:09 | 今日の出来事