最後の夏。残された時間が僕らにはあるから・・・


by ponpon-orange
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

〔11/30〕 涙そうそう

昨日(月曜日ね)、いつものごとくバイトに行きました。
このところ、ゼミの行事(多すぎ!)もだけど、就職活動の方もだんだんと本格化してきて、セミナーとか入ってくるために、シフトの曜日に完全に入れない状況になりつつある。(泣)で、私のバイトは他に3年の子と2年の子とやってるんだけど、最近いつも二人に交代してもらっている始末で…(><)
で、今後しばらく、ますますスタッフの皆さんをはじめ、二人にも迷惑をかけ続けることを考えると、そろそろこのバイトも辞めた方がいいのかなぁと最近悩んでたわけです。そして今日、院長か院長婦人(も歯科医ね)に直接その旨をお伝えしよう!と決心しバイトに行きました。

…伝えられずm(__)mいや、婦人は診療ないため不在で、院長はカウンセリングが長引いてて言うタイミングがなく…★でも、このまま言いそびれるとしばらくバイトに入れない(ゼミやセミナーで)ので、早めに言わないと引継ぎとかの面で迷惑かけると思い、私は帰り際、院長ご夫妻に向け、手紙をしたためました。

今まで3年間やってきたこと、ほんとは「卒業まで続けます」と言ってたようにやり続けたかったこと、でも実際思いの外忙しく、迷惑をかけてしまっていること…色々書いた末に、「辞めます」と筆を進めた時、なんともせつなくて辛い気持ちになりました。正直ね、もう3年もやってると仕事内容に飽きてくることもあるし、当初のような社会勉強の新鮮さもなくなってくるんだよね、意識して自分を奮い立たせないと…。でも、やっぱり何かしら組織の一員から離脱することって、かなり覚悟とか葛藤とかあるなと思う。とは言え、「辞める」意志は固かった。

……優しい受付嬢の人に話してみた。そしたら、「辞めないで~」と懇願された。むしろ就活中は休んで、また落ち着いたら復帰すればいいから、と。あのバイト先についてよく分かってて、それなりに業務把握してる私ともう一人の3年の子には、どうか卒業までやって欲しいみたいで、かなり悲しんでた(TT)私の長所とかも言ってくれたりして。そして、傍で聞いていた、歯科助手のTさん(おっとりベテラン、大好きなひとです☆)を見てみると、目にうっすら涙を浮かべて寂しそうにしている。
「いつでも戻ってきてくださいね。待ってます…><」

…(TT)(ジーン)。。。まるで遠距離になる恋人からの言葉のようで…などとふざけて言うのはよそう。ほんと、Tさんがしんみりしている表情を見て、「辞める」意志にも揺らぎが…。いや、まだどうするかは決まってない。「辞める」意志には来年の色んな目標達成を考えるとバイトをどっちみち辞めたほうがいいかもしれない、という決意もあるから。でも、今日感じたこと―――「私」という小さな労働力でも一つの組織にそれなりに役に立っていて、私がいなくなることを悲しんでくれる人たちがいる。私は様々なバイトを経験しているわけではないけど、ここで3年間やってきた中で、色々学ぶものがあった。新人のころに厳しく指導してくれた旧スタッフの言葉、歯科の患者に対する姿勢とか理念。普段の細かい指示や注意の中に、たくさんの意味が見えてくる。

人の温かさを改めて感じ、自分を認めてくれる居場所があることを、心から感謝したい一日だった。それにしても涙って弱いな…心の泉、感情の宝庫。私のために流れた涙を無駄にしないよう、どういう決断をしたとしても、その日まで精一杯頑張ろう。
[PR]
by ponpon-orange | 2004-11-30 02:11 | 今日の出来事